皆さんがきっとお探しの情報を丁寧に書き上げました。

通販に関するプロがまとめたサイト。大手の製造会社のページ。

皆様がきっとお探しの内容をひとつづつ書き上げました。

大手の製造会社


代表的な血中酸素濃度測定器メーカー
一般的に代表的な血中酸素濃度測定器メーカーと呼ばれているのは、コニカミノルタセンシング、株式会社エスエヌディ、小池メディカル、日本精密測器などですが、他にも比較的価格の安い血中酸素濃度測定器を製造しているメーカーとしてパシフィックメディコ、NONIN、オムロン、OXiM株式会社、ユビックス株式会社、株式会社京都医療設計、スタープロダクトメーカーなどがあげられます。そもそも、この血中酸素濃度測定器は日本光電工業株式会社の青柳卓雄、岸道男氏によって発明され1974年に特許出願された物です。その後、ミノルタカメラ(現コニカミノルタ)が同じ年の1ヶ月後に「オキシメーター」として特許出願し、現在ではどちらかと言うと「オキシメーター」(パルスオキシメーター)の名称が一般的となっています。なお、この血中酸素濃度測定器は「特定保守管理医療機器」としての審査基準を満たさなくてはならず、各メーカーともその基準にのっとって製造・販売を行っています。ただ、メーカーによって考え方は様々で、様々なオプションを揃えた物や形の可愛らしいもの、また、業務用専用、その逆に家庭用専用、そして正確な数値以外は表示しない物、あいまいな数値でも表示する物までさまざまな種類の物を製造しています。

Copyright © 血中酸素濃度の基礎知識 All Rights Reserved.